ホーム > 健康経営への取組み
  • 小
  • 中
  • 大

健康経営への取組み

健康経営宣言

当社は「人がいきいきとする環境を創造する」という企業理念のもと、従業員一人ひとりが心身ともに健康で安心して働くことができる会社を目指します。長期ビジョンである「持続して成長できる企業を目指す」という重要な経営課題の解決方策の一つとして、産業医・健康保険組合と連携し、従業員の健康を維持・増進していくことを宣言します。

【健康経営推進体制】

「働き方改革推進会議」立上げ(2018年4月)
委員長:社長
委 員:管理本部長、営業本部長、生産本部長、技術本部長
幹 事:総務部長
衛生委員会の上部組織として位置づけ、社員の健康、長時間労働他の問題点調査・
分析・課題策定・実施の確認検証を行い、取締役会・役員会に報告及び付議する。

【主な認定・登録等】


【主な取組み】

法定健康診断の確実な実施・受診および結果のフォロー徹底

長時間労働による健康障害の発生防止

健康診断受診率100%(2018年度達成)
健康診断項目の追加(2018年度)
・がん対策-ピロリ菌
・生活習慣病-動脈硬化検査
過重労働の防止(長時間労働の防止・休日取得・作業所閉所)

メンタルヘルス対応
・社内相談窓口の設置
外部専門機関によるEAPサービスの提供(株式会社ジャパンEAPシステムズ


健康管理アプリ「KenCom」の導入による健康促進