ホーム技術紹介 > 劣化診断評価
  • 小
  • 中
  • 大

劣化診断評価

建物設備の健康状態を専門家の目と技術で適切に診断します。

建築設備は、建築物に比べ経年劣化が早く一般的に10~15年程度と言われています。
積極的に点検・調査を行なうことによって機能の低下をあらかじめ察知し、機能低下・事故を起こす要因を事前に取り除くことで、建物の使用状況に合わせた効率の良い維持管理が実施できます。
設備全体のライフサイクル・コスト(LCC)を最小化する保守・更新の判断はとても難しいものです。
当社は、各種劣化診断技術を活用し建物設備の劣化状況を的確に把握します。そして、LCCを最小化するための評価を行い、省エネやコスト削減も含めた保守・更新計画をご提案します。

劣化診断評価の流れ

予備調査 図面・現地調査・管理データなどから現状設備概要と劣化診断の概要を決定します。
*各ステップで必要業務、スケジュール、コストなどを項目化
一次診断 図面調査・現地設備の目視調査・ヒアリング・修繕履歴などから劣化診断を行い、各設備の劣化度合いを判定(評価)し、LCCの視点から更新工事計画概要をご提示します。
二次診断 さらに詳しい現地調査やサンプル分析評価、腐食や劣化度などのデータをもとに、劣化状況の解析を行います。
保守・更新提案

「データ解析による劣化評価」や「設備システムの全体評価(総合評価)」をもとに、建物リニューアルも含めた長期修繕計画及び改修工事方針をご提案します。

劣化診断報告書サンプル

空調設備劣化診断   空調設備劣化診断写真
衛生設備劣化診断   衛生設備劣化診断写真
電気設備劣化診断   電気設備劣化診断写真